S K 8


[広告] VPS
スラローム

S K 8

begoodskate.jpg
背中(腰?笑)が大分回復したので筋トレなど身体を少しずつ動かし始めています。
もう40年も続けているスケートボード。画像は、、オールドスクールのZレトロストリート/Zスラローム/オーリーボード。オレンジ色のがお気に入りで、、ZフレックスJimmy Prumer/Tracker Dart Full/Cript Impurs/Bones Bearingです。トラッカー、インディー、ベンチャー、Zローラー、、などクラシックなトラックと純正のブッシュはゆるくセットするとサーフィンととても近いドライブターンやS字ターンの練習が出来ます。サーファーが乗っていた時代の物だからです♪

so small waves

microsundaybutfun.jpg
広範囲に波チェックして来ました。皆さんお早うございます。鎌倉はスネうねりのみのロングボードオンリーで白くスープがブレイクしていないプアーなコンディション。ビーチも小さいですね、、いつも良いブレイクのサンドバーでモモくらいのショアブレイクです。こちらもロングボードと厚めのフィッシュ向きの小さな波ですが、上級者のキッズ中心になんとかアップ&ダウンとリップをしていました。天気は最高の行楽日和で、砂浜には沢山の人が散歩をしていて平和でとてもいい風景です。中野さんお大事にです。ブログのコメントにお返事が追いついていなく失礼していますが、少しずつコメントを返していきたいです。よろしくお願いします。吉田さん、どもども、、メールありがとうございます。ボードのデザイン決定、、少しねかせて、また見てみましょう(笑)。さて、ボードのレングスですね、、いよいよ僕のSUGI PODに試乗してもらい、新しいボードの長さを具体的にイメージしてもらいたいです。せっかくのカスタムですからドンピシャのマジックボードにしてゆきましょう♪ その前に修理しておかないと、、(笑)。またお待ちしています。
皆さん、、keep on surfing 杉

ボードの浮力

simplefloater.jpg
崩れる波のカールの上を滑る。こんな時も大切なのが、サーフボードが滑っているベーススピードです。掘れて力のある波ならまだしも、、今日みたいな波でスピードを上げるには、、波のブレイクが始まるピークのいい場所から任意で早めのテイクオフをし、形の良いファーストブレイクのショルダーをいいタイミングで走り加速する以外はありません。つまり楽で速いパドルをもって波のピークを獲得し、早いテイクオフから自分のリズム通りにサーフィンを開始し、力の弱い波でもしっかりとスピードをアップ出来る浮いたボードが必要となりますね♪ 沈んだ小さい(うすい・細い・遅い)ボードで苦しんでいませんか?ケリースレターが使っているミニボード、、小さいサイズですが、、とても厚く幅もあります。でもそれでパドルしているのはケリースレーターなのです、、あなたの10倍のパドルスピードでテイクオフしているのです。5'4、5'6"、、、これに乗る理由は、ハーフパイプやランページのトップでスリーシックスティやファイブフォーティーをする為です。腰腹の週末にアップ&ダウンからフローターをしたいなら、6フィートあっても大き過ぎない、、僕はそう思います。参考に♪

SPRING CLEARANCE SALE

be-goods.jpg
春物のグッズとウェアーなども、、商品入れ替えにともなってリーズナブルなロコプライスでご案内中です。ショッピングモールの多売品の影響で、どこの売り場を見ても雑なリピート商品があふれていますね、、(大汗・笑)。味があり飽きの来ない永く愛用出来るサーフワードローブを是非!、、、です♪ 最大50%オフ! 

良品放出

beans.jpg
Fish Market のインフォメーションです。只今冬のレアーなグッズも、、、、、

いい週末、、

saturdaywaevssoso.jpg
皆さん、おそようございます(笑・ペコリ)。暖かく晴れ渡り、波も残ってくれました。各ポイント共に腰前後、良い地形にヒットした波は腹アップのコンディションを残してくれています。海水は相変わらす低温を続けていますが、陽が暖かいのでいつもよりマシ、、、と海から上がって来たサーファーの満足げな顔はやはりいいですね。今日は5ミリ~3ミリの冬用ウェットスーツにブーツ、、あればグローブも装着するとやはり冷えが少なく快適、、との状況です。こういった日が続くと、水温も徐々に回復し春らしくなると思いますが、、黒潮の水路にも期待したいところです。佐藤さんウェットスーツ柔らかくて、、気に入って頂き良かったです。頑張ってください。ありがとうございました。吉田さん、ボードのデザイン、、まとまって来ましたね。追ってお見積もりも提案いたします。少しお待ちください。タケヒロ、、わざわざありがとうな、また寄って下さい。keep on surfing 杉

波は、、、

longtube02.jpg
暖かいオンショアが冷たい北に変わったので、再度波チェック。ウネリはオフショアにおさえられて腰~胸のマッシー(やわらい)波に化け、沖のポイントはほとんどブレイクしなくなりました。やはりショアブレイクのサンドバーにサーフポイントは移動、、、といった急激なサイズダウン。湘南マジックと呼ばれる風の変わりです。
BO SPROTS 佐藤さん、追加ウェアー群届きました。柔らかく素敵なサーファー好みのウェアーばかりですね♪
只今、冬物~春物などクロージングや小物のセールをいたしております。ロコのサーフショップにしか無いハンドメイドの良品を是非♪ 明日の波はどうですかね、、今日の夕方にまとまったウネリを再チェックすると、、ベターな場所があると思いますが! 画像は、反応が良くうすいレールのロングボードならではのバレルライド。

バラバラ

southwindswell.jpg
その為、ブレイクがバラバラで、形の良いカールが一定して割れるショルダーが続きませんね。どのポイントも割と普通に見えますが、、どこも今一、沖でポイントよりワイドに波が崩れてしまい普段良さそうなミドル付近がとろとろでした。画像はリーフの波です。沖に向け三角に突出した地形ではワイドなダンパー気味のウネリで良いブレイクが現れます。だから今日の様なバラバラと分裂した風波のスウェルでは、ブレイクが綺麗にヒットしない訳ですね。こういう時はショアブレイクのダンパーぎみの地形を選ぶとフォローしたピーキーな波を楽しめると思います。ビーチをサーチしましょう。keep on surfing 杉

風うねり

southwindswell0.jpg
皆さんお早うございます。昨日の風波は、残りました♪ ウネリは画像の様に右(南西)から寄せています。バラバラとしたまとまりの無いクセが残っています。

波は、、、

longtube01.jpg
風で波はどうなっているのか、、、暖かいし、、、気になって広範囲にチェックして来ました。ボードは持たずに(笑)。チョッピーのくしゃくしゃの風波のままサイズだけアップしていて、、最大で頭半くらい。どこも通常波がブレイクしているピークより倍くらい沖で、ポイントの地形とは全く関係なくバラバラと割れていました。まとまらず、安定した良いブレイクは見当たりませんでした。ビーチもリーフも東も西も、フライングぎみで入ったサーファーがポツンポツンと浮かんでいましたが、良いライディングは無し。夕方遅くにビーチのショアブレイクで、今回も上級者向きのショアブレイクが本日の中ではベターなサーフタイムでは無いでしょうか。明日以降風が止んだ後の落ち着いたコンディションでどのくらいスウェルが残るか、、、、とそんな状況でした♪
画像はハイパフォーマンス寄りのSugi Model Longboard でのカールアプローチ。良く動く板は、急激な変化をもった波でのアクションにタイミングを合わせるのがとても得意です。

おはようございます。

longbshangten.jpg
本州を通過中の低気圧に吹き込む暖かいオンショアでやや嵐の様な海です。ブレイクは、波のコンディションはまだまだウネリになっていなくクシャクシャのチョッピー状態です。これから雨との話ですので、前線の通過によりどう変化するか、、といったところですが、、、、良い波が来るといいですね。タロベーどもでした、、ヨロピク♪ 吉田さん、、メールありがとうです♪ボードデザインの画像、、見れませんか???データが大きいのでしょうか?残念~!
皆さんkeep on surfing 杉  画像はハイパフォーマンスボード系の Sugi Modelです。スモールウェイブでハングテン。

海は春

smallwednesday.jpg
少しずつですが夕方の日の入りが遅くなり、日差しにも暖かさを感じる様になってきました。皆さんお早うございます。『海は、とても冷たい』、、との声、と『全然大丈夫ですよ』、、と元気な声、、。いかがお過ごしでしょうか?いえ今年はしっかり冷たいですね。(画像は今朝の海です。小さいですがマルです♪)
海中は、特に海洋生物の子供や海藻の若葉がすくすくと育つ春真っ盛り。弱い生物は大きな藻食生物と雑食生物、肉食性物の動きが少ない極寒の水中で小さな虚弱時を過ごし、春先に乗っ込んでくる魚などを避けて早めの成長をします。春の目安は日照時間、、冬至を過ぎると新春といわれるのも正しいわけです♪ 僕らサーファーにとっては、、、空気と水の冷却速度の違いの為、海水温は残念な事にまだまだ下がります。通常、朝晩の気温が上がり出す3月の前半以降に、素手に暖かい水を感じる事もありますが今年はどうでしょうか?太平洋岸を流れる海水温に一番の影響をもたらす黒潮(暖流)の蛇行なども起因しますが、今のところ普段の冬より暖流の海水が遠く離れているのが現状ですね。昨日からまた筋トレを再開しました。もう少しガンバッテ普段の春を迎えたいです♪ keep on surfing 杉

Fish

barafuedai.jpg
バラフエダイ
魚は日本が一番美味しい(笑)。寒流と暖流の関係、プランクトンや食物連鎖の関係、大切なのは生の魚を扱う伝統的な技術と漁、釣りの技術である。僕たちの住む日本は、魚(海)に関するノウハウは世界で一番のレベル、、島国ですから♪ サーフボードクラフトのリーダーは、ずばりアメリカのチャンネルアイランドであると僕は思います。アルメリックに集まった沢山の強者がボードレベルのアップに多大なる影響を与えている事はいうまでもありません。でもそのボードを日本人が乗ると、どうもしっくり来ない。欧米人と日本人の絶対的なスタンスや波に対するライディングシステムの違いもあり、乗っている波の質や、ライディングする波のポジションの大きな差も原因なのですね。日本のトッププロ達が殆ど国産のロコシェイパーのボードをもってサーフィングを満喫している事も事実。日本人の持つ《海への技術》、《物作りの完成度の高さ》は最高なのです。ここ数十年世界中が《メードインジャパン》の工業製品を模倣し、日本の寿司、日本の米、、を愛顧して来ました。ここに来てクオリティーの高い日本の果物や野菜がアジア初め世界中の上流階級でひっぱりだこのようですね(笑)。
Fish Marketの連絡です、、、RASH フルスーツをオーダーの佐藤様、最高に柔らかいプロユースのウェットが上がって来ました。 少し遠方ですが、、サーフィンのついでにでもお寄り頂けますか?宜しくお願い致します。
keep on surfing 杉

ロングボードの現状

longboardbsbarel.jpg
ロングボードの急速な進化と多様化も、現代のサーフィンワールドに於いては、頼もしい限りですね。シングルフィンのクラシックから発祥し、クラシック派・オールラウンド派・ハイパフォーマンス派・アイランドバレル派など色々な方向性へ枝分かれをしていったのがこの20年間のムーブメントと言えます。さて。では今は?、、、と言うと、ずばり時代は変わり、オールインワンの時代。もちろんシェープはハイエンドのハイテクを駆使しバレルもマッシー(とろ波)も、ビッグスウェルもミクロウェイブも全部をほとんど一本のロングボードで網羅出来るくらい進化をとげています。もちろん角度のあるリップをメイクするボードでハングテンをカバーできるライディング技術とシェイピングレベルの高揚のおかげでもある。極一部のクラシカルなカルチャーが根強いエリアを中心とした60's CLASSICも、しっかり定着はしているがユーザーは、新しくロングボードをもって入門し始めた、もともと横乗りスポーツ経験の無いビギナーや女性中心の愛好家とシルバーサーファーに変わりつつある。サーフィングという物、経験を積む程にあらゆるコンディションでのライディングレベルを目標とする様になり、やはり大きな波とパワーのあるいわゆるグッドウェイブへの意識が高くなるのが通例である。ロングボーダーももはや親父乗りのチョッカリだけでは無く、長いボードを使ったサーフィングの王道としての地位を持った訳です。何をしたい?どの様な波に乗りたい?答えは簡単です。ハイエンドの一番新しいしっかりとしたハンドシェイプのロングボードを手に入れる事が大切なのです。何故ハンドシェイプなのか?それは世界中のトップサーファーがウレタンフォームのシェイプボードしか乗っていないのがその現れです。あと色々なボードを乗って来た僕の感想です♪

マニューバー その4

manuever04.jpg
マニューバー性があるということ、、ボードを直線的(ラン)に走らせて、リップのヒットの衝撃でライディング軌道に変化が現れたり、アクションでバリュエーションが出るといったところにとらわれず、自ずからドライブしたターンの円弧や軌道のラインを創造し、サーフィングの表現とすること。ラインを描く楽しみにつきる事。、、、そんなのを僕はマニューバビリティーと読んでいます。ボトム(波の下の方)からトップ(波の上の方)に上り、波のトップでレイル(ボードを寝かせてボードのレイルをプッシュし、ドライブしながら波のボトムにターンする)を使ったトップターン。再度ボトムに降りる際にはジグザグをし、今度はもっと長くボトムをクルーズし、トップターンの後半は、カールに向け少しカットバックぎみにリエントリーする、、、。掘れたカールでのシャープなリッピングにも、ボードをヒットし、ノーズを返すという部分のみにとらわれずに、波の上の方にどのくらいステイして足跡を表現し、ボトムに降りていくまでに、どんな軌道を描きスピードをもらうか、、、、、。サーフィンは無限に自由で、、楽しい。皆、自分のオリジナルのライディングをカスタムで創造出来るのです。こんな考えでいる以上。サーファーとしてボードに託す物は、《 スピードが出て、低速でも高速時にでも、波が小さくても、掘れて大きくても、常に自由に、そして楽にコントロール出来る良く動くボード 》ということになります。どのショップに行っても、『この人本当にサーフィングを知っているのか?』そんな乱立した時代だからこそ、間違ったサーフィングの道に連れて行かれない様(笑)、自分のサーフィングをしっかりと磨いてください♪
プロフィール

Sugi

Author:Sugi
SURFER
ショートボード ロングボード トランジションボード
フィッシュ マルチフィン ボンザー スティンガー ツイン シングル 5フィン クアッド スギモデル
NSA 1ST CLASS
NSA ALL JAPAN RANKING CHAMPION
NSA NATIONAL TEAM
JPSA PRO SHORTBOARD 4YEARS TOP 8
JPSA PRO LONGBOARD ROOKIE OF THE YEAR
JPSA PRO LONGBOARD GRAND CHAMPION
JPSA PRO LONGBOARD 15YEARS TOP 16
ドローイング カラーペンシル ウォーターカラー 
アートフレーム
イラストレーター コンピューターグラフィック
カメラ ラボ モノクロームフォト フォトショップ
ハンドペイントサーフボードアート ボードデザイン
グラフィックT SHIRTデザイン パターンデザイン
テキスタイルデザイン ロゴデザイン 
キャラクターデザイン サーフカートゥーン
レトロスケートボーディング ダウンヒルスラローム
スイミング ロングフィン フィッシング 出刃包丁 
サーフィングレクチャー ライティング
YOGA クンダリーニヨーガ ファイティングヨーガ
ウェイトトレーニング 鉄アレイアイソメトリックトレーニング サーキットトレーニング
ランニング バイク サーフトリップ 



動画:Twin Fish

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク