テイクオフ

juntakeoff.jpg
ややサイズがあって掘れ上がる波のテイクオフ。さてどう攻略するか?
波にサイズがある分、沖から岸まで押し寄せて移動するラインの中で、いったい波がどのあたりからリップが立ち上がり、どの辺でブレイクを開始し、どこで乗れるのか?、、またどこから危ないか?このタイミングを理解する事は言うまでもないが、いずれにせよ、両手をレイルに置き上体を持ち上げて足を付き手を離して的確なボードのスタンスでライディングを開始出来るかは、そう簡単なものではないですね。 瞬時、タイミング、パドル、読み、経験、ワイプアウトの法則、落下するボードの軌道、、、掘れ上がるショルダーがボードに影響する状態、また様々な波の質、それに対応したノウハウ、など、、様々な要素を集約したサーフィングの基本が、、、このテイクオフには必要とされます。仮に、小さい波でビギナーがで出会うスープ・テイクオフの壁。その後の波のブレイクに合わせたテイクオフの難しさは、常に《壁》となってきたわけですから。画像、、今あなたはこの波にこれからドルフィンをしようとします。この波、、意外にホレていることが理解出来るでしょう。テイクオフした僕はボードの右のレールを立ててショルダーをレイルの細いラインで切りながら降りてゆこうとしているのが解ります。サーフボードのロッカーはここでは使いません。レイルのラインの方がロッカーよりもカーブがきついからです。身体がやや伸びているのは、フワッとリップがもち上がりたたき落とされるボードとの間にブランクが生まれるからです。ショートボーダーはここでもっと身体を小さく保ちボードをできるだけ近くにホールドして波に張り付きますが。ここでのボードはやや大きめのファンボードの為、ボードが落ちてゆく軌道に下半身はゆだねなければなりません。(ロングボードなら更にボードの軌道に上体全部を合わせる様になるでしょう。)僕はロングボードも乗る事で、やや身体を伸ばしたライディングフォームも出来る様になりました。リラックスして、おおきなリズムでフォローウェイブもライディング出来る様になった訳です。後は、未知の波にどんどんチャレンジしたい時は、その波を何回も良く岸からチェックし、沖でも横からチェックし、、段々とステップを踏んでポイントに近づいて行けば良いと思います。いつも《恐く無い》状態で、ボードと自分と波をコントロール出来る様。様々なノウハウを会得して下さい。テイクオフ、、、サーフィンの鍵は永遠にココにあります、参考に♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sugi

Author:Sugi
SURFER
ショートボード ロングボード トランジションボード
フィッシュ マルチフィン ボンザー スティンガー ツイン シングル 5フィン クアッド スギモデル
NSA 1ST CLASS
NSA ALL JAPAN RANKING CHAMPION
NSA NATIONAL TEAM
JPSA PRO SHORTBOARD 4YEARS TOP 8
JPSA PRO LONGBOARD ROOKIE OF THE YEAR
JPSA PRO LONGBOARD GRAND CHAMPION
JPSA PRO LONGBOARD 15YEARS TOP 16
ドローイング カラーペンシル ウォーターカラー 
アートフレーム
イラストレーター コンピューターグラフィック
カメラ ラボ モノクロームフォト フォトショップ
ハンドペイントサーフボードアート ボードデザイン
グラフィックT SHIRTデザイン パターンデザイン
テキスタイルデザイン ロゴデザイン 
キャラクターデザイン サーフカートゥーン
レトロスケートボーディング ダウンヒルスラローム
スイミング ロングフィン フィッシング 出刃包丁 
サーフィングレクチャー ライティング
YOGA クンダリーニヨーガ ファイティングヨーガ
ウェイトトレーニング 鉄アレイアイソメトリックトレーニング サーキットトレーニング
ランニング バイク サーフトリップ 



動画:Twin Fish

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク