カットバックの後半

aprail.jpg
波の上でスピードアップ出来る様になると、ライディングエリアを通り越してショルダーのとろい所までのれるようになり、スピードが落ちて波においれ行かれます。波がブレイクするスウィートスポットと呼ばれるライディングエリアを良く把握しスピードに乗った状態でショアブレイクまで乗り継げば、アクションやスムースなボードコントロールが連続して出来るワケです。『行き過ぎ』からスウィートスポットに戻るのがカットバック。スピードがついている内にカットバックが終了できれば、その後のリスタートも良いライディングになるものです。
画像はカットバックからのリカバリーです。カールに戻った時にいったいボードを波にどう接すれば良いのか、、?これはカットバックが調子良くなると必ずぶつかる壁です。、、答えは一つ、カットバックの動作前に走っていたレイルの状態を再現します。レギュラーで言うとボード右側(波側)のレールを再び波にフィットさせて加速を始めるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sugi

Author:Sugi
SURFER
ショートボード ロングボード トランジションボード
フィッシュ マルチフィン ボンザー スティンガー ツイン シングル 5フィン クアッド スギモデル
NSA 1ST CLASS
NSA ALL JAPAN RANKING CHAMPION
NSA NATIONAL TEAM
JPSA PRO SHORTBOARD 4YEARS TOP 8
JPSA PRO LONGBOARD ROOKIE OF THE YEAR
JPSA PRO LONGBOARD GRAND CHAMPION
JPSA PRO LONGBOARD 15YEARS TOP 16
ドローイング カラーペンシル ウォーターカラー 
アートフレーム
イラストレーター コンピューターグラフィック
カメラ ラボ モノクロームフォト フォトショップ
ハンドペイントサーフボードアート ボードデザイン
グラフィックT SHIRTデザイン パターンデザイン
テキスタイルデザイン ロゴデザイン 
キャラクターデザイン サーフカートゥーン
レトロスケートボーディング ダウンヒルスラローム
スイミング ロングフィン フィッシング 出刃包丁 
サーフィングレクチャー ライティング
YOGA クンダリーニヨーガ ファイティングヨーガ
ウェイトトレーニング 鉄アレイアイソメトリックトレーニング サーキットトレーニング
ランニング バイク サーフトリップ 



動画:Twin Fish

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク